ふるさと納税者は必ず確認!

ふるさと納税





今年も早5カ月が経ちますが、
もうふるさと納税された方はいますか?
私はまだしていないです。笑

私は昨年、初めてふるさと納税を行い、
今年、税金控除があるので、
調べたことを記事にしました。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、好きな自治体に寄付することでお礼の品を受け取れ、
合計寄付金額から2,000円を引いた額について
所得税の還付や住民税の控除が受けられるものです。

実質負担2,000円で、様々なお礼品が頂けちゃいます!

税金の控除額や還付金には収入や家族構成によって制限があり、
注意が必要です。




控除上限額の計算方法

下記は、年収や家族構成ごとに表した目安になります。
この金額を超えた寄付は控除になりませんので、ご注意下さい。

給与収入[万円]
ふるさと納税をする方の家族構成
独身または
共働き※1[円]
夫婦※2または
共働き
+高校生※31人[円]
共働き
+大学生※31人[円]
夫婦
+高校生1人[円]
共働き
+大学生1人
+高校生1人[円]
夫婦
+大学生1人
+高校生1人[円]
300 28,000 19,000 15,000 11,000 7,000
325 31,000 23,000 18,000 14,000 10,000 3,000
350 34,000 26,000 22,000 18,000 13,000 5,000
375 38,000 29,000 25,000 21,000 17,000 8,000
400 42,000 33,000 29,000 25,000 21,000 12,000
425 45,000 37,000 33,000 29,000 24,000 16,000
450 52,000 41,000 37,000 33,000 28,000 20,000
475 56,000 45,000 40,000 36,000 32,000 24,000
500 61,000 49,000 44,000 40,000 36,000 28,000
525 65,000 56,000 49,000 44,000 40,000 31,000
550 69,000 60,000 57,000 48,000 44,000 35,000
575 73,000 64,000 61,000 56,000 48,000 39,000
600 77,000 69,000 66,000 60,000 57,000 43,000
650 97,000 77,000 74,000 68,000 65,000 53,000
700 108,000 86,000 83,000 78,000 75,000 66,000
750 118,000 109,000 106,000 87,000 84,000 76,000
800 129,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000
850 140,000 131,000 127,000 121,000 118,000 108,000
900 151,000 141,000 138,000 132,000 128,000 119,000
950 163,000 154,000 150,000 144,000 141,000 131,000
1000 176,000 166,000 163,000 157,000 153,000 144,000

※1「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていない
ケースを指します。(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)

※2「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。
(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)

※3「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は
「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。

※4 中学生以下の子供は、控除額に影響がないため計算に入れる必要はありません。
例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」の場合と同額になります。また、
「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

出典:総務省ふるさと納税ポータルサイト「ふるさと納税のしくみ」

ふるさと納税の控除上限額の計算式は下記の通りです。

控除上限額=(個人×20%)/(100%-住民税率-(所得税率×復興税率))+2,000円

 

所得税・住民税の計算式は以下の通りです。

ふるさと納税で受けられる控除額
所得税分の控除額住民税基本分の控除額住民税特例分の控除額
所得税からの控除額
=(ふるさと納税額-2,000円)×所得税の税率
住民税基本文の控除額
=(ふるさと納税額-2,000円)×10%
住民税特例分の控除額
=(ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)




ふるさと納税 申請方法

ふるさと納税で控除するためには、
ワンストップ申請確定申告の2種類の申請方法があります。

ワンストップ申請 確定申告
税金の控除 住民税の控除 所得税の還付
住民税の控除
対象者 もともと確定申告や住民税申告をする
必要のない給与所得者である。
さらに寄付先が年間5自治体以内である。
ふるさと納税以外の確定申告が必要である。
または、年間6自治体以上である。
手続き方法 寄付した翌年に確定申告 寄付した翌年の1/10までに、申請書と
本人確認書類を各寄付自治体に提出

住民税控除、所得税還付とは?

住民税控除 寄付した翌年の6月以降の住民税が控除される
所得税還付
確定申告後、3~4月に指定した口座に還付される
還付・・・源泉徴収などで一旦納付した税金を返金されること
控除・・・金額などを差し引くという意味があり、あらかじめ差し引かれます
お金が戻ってくる還付の方が何かお得な感じがしちゃいますよね 笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました